さくらレンタルサーバーへの Symfony Demo インストール

Symfony フレームワークを利用するあたっての学習の一環として、Symfony の デモページを さくらのレンタルサーバーに配置してみる作業を行ってみました。

配置済みのデモページは以下のURLの通りです。
http://toshiya.org/symfony_demo/

この作業を行うにあたっての、大きな問題点は以下の2点でした。

  • さくらレンタルサーバーにはそのままの状態では Symfony は入れられない
  • 手順通りに作成したデモページが動かない

これらの問題を以下の通り解決し、無事にインストールを完了しました。

さくらレンタルサーバーへの Symfonyのインストール

PHPのバージョン確認

以下のように確認したところ、私の環境では PHP5.4 になっていました。

% php --version
PHP 5.4.45 (cli) (built: Feb 10 2016 10:17:56)
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies

PHP5.3以上であれば問題なく動くらしいのですが、さくらのサーバーコントロールパネルを開き、PHP5.6に更新しました。
phpversion

確認後(5.6にアップグレードされています。)

% php --version
PHP 5.6.18 (cli) (built: Feb 10 2016 10:19:55)
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

Symfonyのインストールに必要なコンポーネントのインストール

Symfonyをサーバーで動かすためには、json, ctype, pdo_mysql, pdo_sqlite が必要になるらしいのですが、チェックしたところこちらは大丈夫そうでした。

% php -i | grep json
json
json support => enabled
json version => 1.2.1
proto_binary_fetched_json => 0

% php -i | grep ctype
ctype
ctype functions => enabled

% php -i | grep pdo_mysql
API Extensions => mysqli,pdo_mysql,mysql
pdo_mysql
pdo_mysql.default_socket => /tmp/mysql.sock => /tmp/mysql.sock

% php -i | grep sqlite
PDO drivers => mysql, sqlite
pdo_sqlite
sqlite3
sqlite3.extension_dir => no value => no value

その他に、icu と intl というライブラリが必要になることが分かりました。

ICU(International Components for Unicode)ライブラリのインストール

ICU ライブラリは C++ や java から呼び出せるネイティブコードで書かれたライブラリであり、PHPのintlコンポーネントが内部で呼び出して利用しています。
http://site.icu-project.org/

% cd ~/local/src
% curl -O http://download.icu-project.org/files/icu4c/57.1/icu4c-57_1-src.tgz
% tar zxvf icu4c-57_1-src.tgz
% cd icu/source
% ./configure --prefix=$HOME/local
% gmake
% gmake install

intlのインストール

国際化拡張モジュールintlは、PHPにICUライブラリの機能を公開します。
この拡張機能は、バージョン5.3以降のPHPに含まれており、intlバージョン3.0はPHP 5.5から利用できます。
http://pecl.php.net/package/intl

% cd ~/local/src
% curl -O http://pecl.php.net/get/intl-3.0.0.tgz
% tar zxvf intl-3.0.0.tgz
% cd intl-3.0.0
% phpize
% ./configure --prefix=$HOME/local --with-icu-dir=$HOME/local
% make
$ mkdir ~/local/lib
% mkdir ~/local/lib/php
% mkdir ~/local/lib/php/extensions
% cp ~/local/src/intl-3.0.0/modules/intl.so ~/local/lib/php/extensions 

intl を利用できるように LD_LIBRARY_PATH を追加

% vi ~/.cshrc

以下の環境変数を追加

setenv  LD_LIBRARY_PATH ~/local/lib/php/extensions

.cshrc の読込み

% source ~/.cshrc

xdebug のインストール

% curl -O https://xdebug.org/files/xdebug-2.4.0.tgz
% tar zxfv xdebug-2.4.0.tgz
% cd xdebug-2.4.0
% phpize
% ./configure
% make
% cp modules/xdebug.so ~/local/lib/php/extensions/

【注意】さくらのレンタルサーバーには、Xdebug をインストールしない方が良いです。

php.ini の編集

さくらサーバーコントロールの「PHP設定の編集」から以下の設定を追加する

※ (your_account)の部分はご自身のさくらサーバーのアカウント名です。

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
date.timezone = "Asia/Tokyo"
extension_dir = /home/(your_account)/local/lib/php/extensions
extension=intl.so

zend_extension = /home/(your_account)/local/lib/php/extensions/xdebug.so
xdebug.remote_enable=1
;xdebug.remote_host=121.2.XXX.XXX
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler=dbgp

動的ライブラリの読み込み確認

% php -c ~/www/php.ini -m

intl
xdebug
が表示されていれば完了

Symfony本体のインストール

% cd
% mkdir local/bin
% curl -LsS http://symfony.com/installer > symfony.phar
% mv symfony.phar ~/local/bin/symfony
% chmod a+x ~/local/bin/symfony
% symfony

最後の symfony コマンドを実行すると、正しくインストールされていれば以下のようなメッセージが表示されます。

 Symfony Installer (1.5.1)
 =========================

 This is the official installer to start new projects based on the
 Symfony full-stack framework.

 To create a new project called blog in the current directory using
 the latest stable version of Symfony, execute the following command:

   symfony new blog

 Create a project based on the Symfony Long Term Support version (LTS):

   symfony new blog lts

 Create a project based on a specific Symfony branch:

   symfony new blog 2.3

 Create a project based on a specific Symfony version:

   symfony new blog 2.5.6

 Create a demo application to learn how a Symfony application works:

   symfony demo

 Updating the Symfony Installer
 ------------------------------

 New versions of the Symfony Installer are released regularly. To update your
 installer version, execute the following command:

   symfony self-update

Symfonyデモページの作成

% cd ~/www
% symfony demo

本番サーバーで動かす際の注意

Symfony デモのソースコードはローカルのDev環境での動作しますが、Prod(本番)環境ではデータベースの接続情報が設定されていない為、そのまま Webサーバーに配置しても動作しません。
このため Dev環境のDB接続設定を Prod環境にもコピーします。

~/www/symfony_demo/app/config/config_prod.yml を編集します。

#doctrine:
#    orm:
#        metadata_cache_driver: apc
#        result_cache_driver: apc
#        query_cache_driver: apc
doctrine:
    dbal:
        # temp workaround for https://github.com/doctrine/dbal/issues/1106: define DB path here
        path: "%kernel.root_dir%/data/blog.sqlite"

修正を反映させるためにサーバー上のキャッシュの削除します

% cd ~/www/symfony_demo
% php app/console c:c --env=prod --no-debug

ブラウザでの動作確認

PCのブラウザを開き、以下のURLを入力します。(XXXX は さくらインターネットの初期ドメイン名)
http://XXXX.sakura.ne.jp/symfony_demo/web/ にアクセスします。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です